私と着物と母
f0174485_1852183.jpg「ねぇ、いつになったら、自分で着られるようになるの」と背中越しに母。002.gif
「今は無理」「…そのうちに」などと私。008.gif年に何回か着物を着ている時の会話です。そんな母の言葉にも冷たく嫌みがこもってきたので、ようやく、重い腰を上げて去年の10月から着付け教室に通う事にしました。一応、着物には、大体慣れているので、着る時のポイントを教えてもらったら着られるようになると思ったら…大間違いでした。
半襟を縫い付ける時の運針や体の補整。着物というのは体を寸胴にしてこそ綺麗に着られるものらしく、体の凸凹をタオルを巻き付けなくす(私の場合、ポッコリお腹を隠す)下準備から、苦戦を強いらました。059.gif
3ヶ月通ってみての感想は、襟をきちんと合わせ、シワの一つ一つをとってこそ整った着付けができる事を教わりました。私の性格の「適当」「面倒くさがり」も直せそうな勢いです。なんと言っても着られる楽しみが出来ました。いつの日かサッサッと着物を着て、粋に出かける自分を妄想しながら、がんばって通い続けようと思います。070.gif
歯科衛生士 谷川 美緒
[PR]
by murayama-dental | 2009-02-03 18:08
<< プロバスケットボール 伊勢神宮 >>