口腔機能リハビリテーションの知識
f0174485_1462789.jpg10月31日(日)に後期高齢者に対応した口腔機能リハビリテーションの知識という講習会を受講してきました。emoticon-0100-smile.gif
講師の先生は3日に1回はどこかの講演会でお話をされているという人気の日本歯科大学の菊谷 武先生でした。emoticon-0171-star.gif

一言で言って“おもしろい”お話でした。今まで私たちが歯科の業務の中で一番大切と思っていた“歯”が実際の介護の現場ではあまり大切ではないと言われたからです。
歯よりもっと大切なのが物を飲み込む為に必要な“舌”
そして歯以外の咀嚼器官が働かないと“食べる”ができないのです。emoticon-0107-sweating.gif
現代の死亡原因の4位に肺炎(誤嚥性肺炎) 5位に不慮の事故(誤嚥性での窒息がトップ)というデーターがあるそうです。
あまり知られてはいませんが“誤嚥”で命を落とす方が現代社会では多い事を知りました。emoticon-0104-surprised.gif

では“誤嚥”をする摂食嚥下障害の原因はというと何らかの病気で脳にダメージを受ける事で例えば脳梗塞やパーキンソン病等だそうです。そういう方は咀嚼器官が働かない為噛む食べるができないのに無理に食べて“誤嚥”を起こすそうです。emoticon-0171-star.gif
今まで口腔器官を単体と診てきましたが体の一部分である事を認識しました。
今私は摂食嚥下障害という分野の入り口に立った所です。
今後“おもしろい”だけではなく知識として身につけたいと思います。emoticon-0155-flower.gif

写真は本文とは関係のない先月スカイツリーを見てきました。
下から見上げると上の方は雲の上でした。完成が楽しみです。emoticon-0159-music.gif

歯科衛生士 湯沢直子
[PR]
by murayama-dental | 2010-11-10 14:11
<< フレッシュテニス 摂食・嚥下 >>