チャリチャリサイクリング
f0174485_15102419.jpg 2度目の登場の大倉です。あと半月したらムラヤマ歯科での研修も終了し来月からは新潟大学で研修生活が待っています。思い出作りも兼ねて今回は先日行ったサイクリングについて書きたいと思います。
 その日は9/5の日曜日。天候は雷時々曇りでした。そんな中、同じ研修医の村山雅人先生(東京歯科大学卒、写真左側)と2人で大沢野の山のオフロードをマウンテンバイクで走破するという一大イベントを敢行しました。村山先生はマウンテンバイクのエキスパート、僕はママチャリレーサーでの挑戦となりました。挑戦前には村山先生によるマウンテンバイク講習会が行われ、みっちり1時間半、しごかれました。かなりのスパルタ教育でした(冗談です)。
 富山市から車で40分弱のとある山の麓に到着。風光明媚な大沢野。空気が澄み切っており、喧騒とかストレスなんかを置き忘れるくらいの気持ちよさがそこには存在していました。自転車のセッティングは村山先生にすべてお任せし、僕は蛙やトンボ、蝶の観察をしていました。都会育ちの僕としては見るものすべてが新鮮かつエキサイトするものでした。
f0174485_15103893.jpg 自転車のセッティング終了後、いざ大沢野の山へと突入。いきなり急勾配の坂道。舗装されているとはいえ、そしてマウンテンバイクのギア比を換えられるとはいえとてもきついものでした。ぜぇはぁ、ぜぇはぁ。肺が痛いというのは高校生のマラソン大会以来なわけで、さっそく限界破裂でした。
 しかしそこは同じ研修医。村山先生によるナイスアシストのおかげでマウンテンバイクによる登頂に成功しました。山頂の木陰で一休み。しかし出てくる会話は治療法への飽くなき探求と研修医としての今後についてばかり。僕らもびっくりして、笑い転げていました。村山先生が用意してくださったおにぎりをほうばり、ブドウ糖による血糖値上昇という名のエネルギー補給。水分も体に蓄えいざ本番のオフロードへ。
 続きは次回にお話いたします。お楽しみに。
048.gif
[PR]
by murayama-dental | 2008-09-18 15:17
<< チャリチャリサイクリング(後編) ISO9001の継続審査が無事終了。 >>