<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
胎内めぐり
f0174485_14273957.jpg二条城に続き、清水寺にも行ってきました。003.gif

「清水の舞台から飛び降りるよう」。この名文句で有名な舞台がある清水寺。

しかし清水寺も奥が深く、舞台のある本堂だけではない魅力がたくさんあります。


今回は随求堂で行われている胎内めぐりについて紹介させて頂きたいと思います。029.gif

 胎内めぐりとは地下や洞窟などに造られた霊場を、仏の胎内に見立てて参拝することだそうです。

 
 随求堂に入ると随求菩薩が奉られてあり、地下へと向かう階段が見えます。土足厳禁ということで靴を脱いで降りていきました。

 そこは一点の明かりもない本当の暗闇でした。

ひんやりとした空気があり、何も見えない恐怖で五感を研ぎ澄ました。070.gif

出口まで続く左手の数珠の綱だけが頼りです。ちょうど随求菩薩の下にぼんやりとした光に照らされた随求石がありました。

暗闇の中で光を見つけたときの安心感はこれほど大きいものかと初めて実感しました。



f0174485_14281870.jpg随求とは「衆生の願い、求めにすぐにしたがって、すべて叶えてくれる」ということだそうです。随求石には、サンスクリット語で「ハラ」と書いてあり、回して拝むと願いが叶うと言われています。


 今の季節は紅葉が美しく、舞台からの夜景は絶景でしょう。その折にでも胎内めぐりを体験してみるのはいかがでしょうか?

暗闇の中であなた自身の光を感じてください。072.gif

医療秘書 坂林 瞳
[PR]
by murayama-dental | 2009-11-26 14:30
慰安旅行
f0174485_14322630.jpg今年の慰安旅行は京都に行ってきました。058.gif

今回はまず始めに観光してきた、二条城について少し語ります。034.gif

二条城は、1603年徳川初代将軍家康が、京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所として造営し、三代将軍家光が、伏見城の遺構を移すなどして、1626年に完成したもので、家康が建てた慶長年間の建築と家光がつくらせた絵画・彫刻など、いわゆる桃山文化の全貌を見ることができます。

1994年ユネスコの世界遺産に登録され、2003年に築城400年を迎えました。

本丸・二の丸御殿・二の丸庭園・清流園に分かれています。


f0174485_14334382.jpg二の丸御殿(国宝)

武家風書院造の代表的な御殿建築で、車寄につづいて遠侍、式台、大広間、蘇鉄の間、黒書院、白書院の6棟が東南から西北にかけ雁行に並んでいます。建物面積は3300平方メートル、部屋数は33、畳は800畳余りあります。各部屋の障壁画は狩野派の手によるもので、部屋の目的に応じて描かれています。024.gif

二の丸御殿の床板を踏むと音がなるため、「うぐいす張りの廊下」といわれています。

どうですか二条城に行ってみたくなりましたか?
(全てパンフレット情報でした。)040.gif

歯科技工士  原慎一071.gif
[PR]
by murayama-dental | 2009-11-13 14:35