チャリチャリサイクリング(後編)
f0174485_18154097.jpg 前回の更新から1週間が経ちました。ムラヤマ歯科での研修もラストスパート。では、先週の続きをどうぞ。前回のあらすじとしては、マウンテンバイクは山頂に到着しいざオフロードというところからお話が始まります。
すぐ右は崖。ちょっといくとすぐ左は崖。「ヒトとして通らなくてもいい道だろう」そう心の中でつぶやきながら細く険しい獣道をマウンテンバイクで降りていきました。まるで今後の歯科医師として成長していく道程のようであり、ここをクリアーすれば今後の歯科医師人生もクリアーできるんじゃないかという錯覚に陥るようでした。さすがに初体験で、崖すれすれを走るだなんて聞いておらず、スリルという言葉を少し懐かしく思いながら地面に過酷なまでに集中した自転車運転をしていました。
 そんな獣道with崖を研修医の村山先生は「ヒトとしてオカシイ」スピードで「ヒトとしてオカシイ」体勢and高さで激走しておりました。そんな村山先生を見ていたら、ヒトの限界値というものの果てしなさを感じました。練習、経験、予測。今の僕に大切な何かを感じ取った瞬間でした。
 いくつもの難関を乗り越え、ようやくオフロードを抜けたときにはちょっとした安堵感がありました。村山先生からよくできたんじゃないといっていれました。もう少し自然とシンクロできたらアグレッシブな攻めが出来たのではないかと儚く思っていました。
f0174485_14312768.jpg 雨でぬかるんだ道。激しい数の蜂や蜘蛛。行く手を遮る木々。困難を視覚的にとらえそれを現実化させまいとする精神的葛藤に少しだけ酔いしれていたかもしれません。苦しいことは嫌いです。誰もがそう思うでしょう。中には苦しい後は楽が待っているから好きだという天邪鬼もいることでしょう。でもどちらでもいいです。結局、僕にとって苦しいことへの処方箋というものを自分の中で組み立てられた大事な大事な旅行であったと実感しております。
 研修医生活は楽ではありません。院長は歯科治療には厳しいです。指摘され正直気持ちが沈むときもあります。でも、ムラヤマ歯科での研修が終了するに近づき、どれだけ僕は院長からたくさんのことを教えていただいたのだろうかと実感しています。まだまだ教えていただきたいことはたくさんあります。その中で、一番大きな収穫だと思うことは自分がどのような歯科医師になるのかというフィロソフーの確立であったと思います。院長の背中を見て、衛生士さんの背中を見て、技工士さんの背中を見て、受付さんの背中を見て・・・。歯科医師としての確かな一歩をこの富山の地で歩き出せたと僕は思います。院長をはじめスタッフの皆様には深く感謝しております。本当にありがとうございました。

新潟大学研修医 大倉直人003.gif
[PR]
# by murayama-dental | 2008-09-29 18:32
チャリチャリサイクリング
f0174485_15102419.jpg 2度目の登場の大倉です。あと半月したらムラヤマ歯科での研修も終了し来月からは新潟大学で研修生活が待っています。思い出作りも兼ねて今回は先日行ったサイクリングについて書きたいと思います。
 その日は9/5の日曜日。天候は雷時々曇りでした。そんな中、同じ研修医の村山雅人先生(東京歯科大学卒、写真左側)と2人で大沢野の山のオフロードをマウンテンバイクで走破するという一大イベントを敢行しました。村山先生はマウンテンバイクのエキスパート、僕はママチャリレーサーでの挑戦となりました。挑戦前には村山先生によるマウンテンバイク講習会が行われ、みっちり1時間半、しごかれました。かなりのスパルタ教育でした(冗談です)。
 富山市から車で40分弱のとある山の麓に到着。風光明媚な大沢野。空気が澄み切っており、喧騒とかストレスなんかを置き忘れるくらいの気持ちよさがそこには存在していました。自転車のセッティングは村山先生にすべてお任せし、僕は蛙やトンボ、蝶の観察をしていました。都会育ちの僕としては見るものすべてが新鮮かつエキサイトするものでした。
f0174485_15103893.jpg 自転車のセッティング終了後、いざ大沢野の山へと突入。いきなり急勾配の坂道。舗装されているとはいえ、そしてマウンテンバイクのギア比を換えられるとはいえとてもきついものでした。ぜぇはぁ、ぜぇはぁ。肺が痛いというのは高校生のマラソン大会以来なわけで、さっそく限界破裂でした。
 しかしそこは同じ研修医。村山先生によるナイスアシストのおかげでマウンテンバイクによる登頂に成功しました。山頂の木陰で一休み。しかし出てくる会話は治療法への飽くなき探求と研修医としての今後についてばかり。僕らもびっくりして、笑い転げていました。村山先生が用意してくださったおにぎりをほうばり、ブドウ糖による血糖値上昇という名のエネルギー補給。水分も体に蓄えいざ本番のオフロードへ。
 続きは次回にお話いたします。お楽しみに。
048.gif
[PR]
# by murayama-dental | 2008-09-18 15:17
ISO9001の継続審査が無事終了。
f0174485_1883524.jpg ムラヤマ歯科は2001年(平成13年)の9月に医療機関としては富山県で初めてのISOの認証を受けています。
 当時、医療機関のISO9001は全国的にも大変珍しかったので、テレビや新聞、全国雑誌などの取材を受けました。取得後は半年ごとに外部の審査機関による継続審査がおこなわれてきましたが、そのISOも今年で早くも7年が経ちました。
 先日、9月5日にBSIジャパンによる、通算で15回目のISOの継続審査がおこなわれました。
当日は品質保証マニュアルの改訂内容のチェック、今年の5月に新しく導入したドイツ・ミーレ社製の消毒機械「ウォッシャー・ディスインフェクター」とメディア社の最新コンピューターデジタル機器である「ビジュアルマックス」の運用手順書、技工室の品質のサンプリングチェック、スタッフの教育訓練の実施や運用の実態などが重点的にチェックされました。
 一日を費やした審査の結果は「ISO認証は継続される」と判定され、スタッフ皆がホッと胸をなで下ろしました。003.gif
f0174485_1885875.jpg ISOは最初に取得すること自体も大変な苦労がありましたが、実はもっと大変なのは「認証を継続し続ける」ということであり、この継続が最も重要な事なのです。
 その継続審査においても(前回と比べて)現状維持や停滞などが見受けられると厳しく指摘されます。ISOは「ムラヤマ歯科」という組織に対しても常に進化・向上していることを求めるので、本当に気が抜けません。
 今回はこの点(進化・向上)においても審査員から良い評価を頂くことが出来ました。BSIジャパンの佐藤郁子さんに、この場を借りて、お礼を申し上げます。
 これからも地域医療の貢献のために、常に改善を怠ることなく努力していきたいと決意を新たにしています。001.gif
ISO管理責任者:沢井貴子
[PR]
# by murayama-dental | 2008-09-12 18:19
坊主の原です。
f0174485_952353.jpgこんにちは、原です。最近髪の毛を短くし、かわいいといわれいい気になってます。
僕は技工士として4年目です。たくさんの歯をいかにしてきれいにそしてすばやく作るかを毎日考えております。なかなかうまくいかず、自分自身に腹を立てることもしばしばですが、技工士のみんなが助けてくれて、教えてくれて、励ましてくれて。毎日患者さんのことを第一に考えて一生懸命がんばっています。先生たちに「原くんの作ってくれた歯は適合がよかったし、患者さんも喜んでくれていたよ」といわれると、すごくうれしくなり熱いものが込み上げてきます。まだまだ勉強するところはたくさんありますが、これからも患者さんのための歯を一生懸命作っていけたらと思います。この写真はマイクロ(顕微鏡)を用いて細部にわたった技工物を作製している様子です。071.gif

歯科技工士 原 慎一
[PR]
# by murayama-dental | 2008-09-09 15:13
研修医の大倉直人です。
f0174485_154949.jpg 研修医1年目の大倉直人です。今年の3月、新潟大学歯学部を卒業し、4月に国家試験に合格したばかりです。研修医として5月からムラヤマ歯科でお世話になっております。院長をはじめ衛生士さん、技工士さん、受付の皆さんには臨床を教えていただき、そして助けて頂いてばかりです。
 さて、スタッフブログということで今回担当を拝命されました。そこで、僕の好きな本について紹介します。
 僕は推理小説が好きですが、その中でも森博嗣先生の小説はとても好きです。S&Mシリーズ、Vシリーズ、四季シリーズなどが代表作です。理系出身の先生だけあって、ロジックがしっかりしているだけでなく、詩的な部分ありと非常に面白いです。写真の作品は森先生の最近の作品です。おすすめはVシリーズ。瀬在丸紅子の華麗なる推理。ラストの文章による大どんでん返し。あぁ、また読み返したくなる今日この頃です。
 f0174485_150195.jpg
下の写真は技工士の原さんに怒られているのをパロディ化したものです。技工士の立場からどのような形成がいいのかを具体的に指摘して頂けるので多角的に歯科臨床を学ばせて頂いております。歯科医師の立場、技工士の立場、衛生士の立場、受付の立場、いろいろな思いを考えさせられております。今後の臨床家としてどうすべきなのかの指標みたいなものをおぼろげながら描いています。

新潟大学臨床研修医 大倉 直人037.gif
[PR]
# by murayama-dental | 2008-08-29 19:12